これでバッチリ面接対策!面接でよく聞かれる質問とは/Working Process

面接前に準備をしておこう

面接時は、緊張してあまりうまく受け答えができなかった経験がある人も多いはず。面接で聞かれやすい質問をあらかじめ把握しておき、受け答えをしっかり考えておくことで余裕を持って面接に臨むことができます。まずは、面接でよく聞かれる質問のランキングをみていきましょう。

相手の話をよく聞くこと

女性

面接というものは人と人との会話であることから、話がスムーズに行われることも重要になります。基本的には面接官が最初に質問して、その質問に答える形になるわけですが、ここで問題になることは、人の話を聞かない、あるいは聞けないという態度です。基本的なことですが、こうした人もけっこういます。面接官が質問した内容とは違う内容で応えてしまう人や、余計なことまで話してしまう人など、これは人の話をちゃんと理解できていない場合が多いです。実際にこうしたケースが意外と多いことが指摘されています。面接はコミュニケーションと考えれば、やはり相手の話は最後まで聞いて十分に理解し、質問されればそれに見合った返答をするのが適切です。それから面接で質問される内容のほとんどは、自分が提出した履歴書や職務経歴書などから出される場合があります。就職ならば志望動機、転職ならば退職理由など、いざというときに戸惑わないように、予め答えを用意しておくことはとても大切です。

分かりやすい話し方を

履歴書

転職で行われる面接では、コミュニケーション能力がかなり重要なものとなります。転職の方は短い間でも社会人経験があるわけですから、基本的なコミュニケーション能力は持ち合わせているであろうということで質問が行われるわけです。この能力が不足してしまうとやはり採用は厳しくなってしまうでしょう。こうした面接でうまくいかない理由のほとんどは、見るからにおとなしい印象の人です。これは自分に自信がないと見なされてしまいます。自分に自信がない人に大切な仕事は任せられませんから、そういう意味でも大変に不利になってしまうわけです。それから長々としていてとても分かりにくい話し方をする人も要注意でしょう。言いたいことがたくさんあっても時間に限りがある面接ですから、できる限り簡潔に分かりやすい話し方をするのがベストです。早口や声の小さいこともかなりマイナスになってしまいます。

広告募集中